第一回。こんな夢を見た

さて第一回。こんな夢を見た。

板状のスチロール素材のボートに乗って大海原をスイスイと、
魔法の絨毯のようにクルージングする夢を観ました。
板状ボートの上にねっころがって海面を駆け抜けていくのが快適~!
と思ってたら水路のようなところに入って下船することに。
乗船していた人たちとぞろぞろ歩いていたら、
私の尻ポケットからお金をスろうとした子供がいたので、頭を掴んで田んぼにほり投げる。
私はお金など持っていませんでしたけども。
その後、青空お笑いフェスみたいなところに行きました。
そこで、ギターデュオ漫談を観ていたら、
拍手の大きさを測って決勝進出かどうか決めるというので、
集音器に向かって必死で拍手していたら目が覚めました。
そのギター漫談はコンビで、片方がギター、相方がベース。
ギターの方がドヤドヤと張り切るんだけど、
ベースの方が歌もプレイも断然上手い、というスタイルで笑いをとっていました。

夢占いはする気ないので、判じませんが、起きてからもちょっと楽しい夢でした。

 

お友達紹介:ウィリアムヒルカジノ

明晰夢

夢の中で「これって夢だ」と気付きながらも、そのまま継続できる夢を「明晰夢」と言うそうで、
私は時々これを見ることができます。これが結構楽しいのです。
明晰夢は自分でコントロールすることができるので、
慣れると好きな時に思い通りの夢を見ることができるとか。

マレー半島に住む先住民族・セノイは、夢が日常生活に密着しており、
明晰夢をコントロールしたり、夢占いをしたり、夢を重要視して暮らしているそうです。

私が明晰夢を見る時は、いつも空を飛ぶんですけれども(リアルで楽しいのです)
もうちょっといろんなバリエーションが欲しい、と思っていたところ
夢に慣れるためには、夢日記を書くのが一番、と聞きました。
なので、見た夢のことを覚書き代わりにブログに書きたいと思います。

たぶん、誰かが読んでも意味もわからないし、面白くもないと思います。だって夢だもん。
夢なんて、筋書きもないし、辻褄も合わないし、意味を見出そうとしてもまったくわからない。
でも、メモ代わりにちょっとだけ書いてみようと思います。

 
お友達紹介:リビングデッド in リビングルーム http://opengovtn.info/